糖尿病に新薬が第三相試験が終了した。グルコース濃度依存的なインスリン分泌の促進、インスリン抵抗性の改善をに働き、血糖を降下させると言う。そして本剤の特色は、血管の拡張やβ細胞の保護機能もある。

今回200名を超える日本人2型糖尿病患者産を対象にし、他施設、二重盲検法、無作為化、単剤療法試験などなども2018に完了予定らしい。

この薬、今までの糖尿病治療薬とは少し異なる。血管拡張作用があり、合併症対策ができる可能性がある。おそらく末梢血管の拡張は糖尿病性の心筋梗塞、腎臓病、皮膚の壊死など重症な方に適応が考えられる。

(2018.6.25に開かれた第78回米国糖尿病学会)

夢のような薬である。合併症に苦しむ糖尿病患者さん、細動脈の動脈硬化は手術のしようが無い。しかし、細動脈の拡張などが内臓機能を取り戻す可能性が推察される。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_lightred_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>