鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害

スポーツ疾患: 結果を招く鍼灸の施術

  • HOME »
  • スポーツ疾患: 結果を招く鍼灸の施術

スポーツ疾患: 痛みだけがテーマではない

今日では筋肉のコンディショニング・メンタントレーニングなど様々な分野にトレーナーが活躍するようになりました。そしてメディカルトレーナーにとって、試合中に即座に対応できる鍼灸術は必要な技能の一つと考えられています。

過去の事例をあげてトレーナーの仕事について考えてみます。

プロ野球の選手がスライディングキャッチで骨折するシーンが放映されました。(元ヤンキーズの松井選手が指を骨折したシーンがテレビで紹介されました)

彼は、上を見上げながら落下点へと走り、ボールの落下に合わせて姿勢を低くしながら視線を下に移動させています。この動作で大きな負担を担う感覚は平衡感覚です。その感覚の不具合が瞬間的な脳のフリーズ (意識が薄れた) 状態を招いたのでしょう。手の力が抜け、ボールなどの重力に負け、手は垂れ下がったのでしょう。体の勢に逆らった指は可動域を越えて曲がってしまったのです。そして骨折に至りました。

この例は、急に見る方向を変化させながら姿勢を低くしています。動作の方向は違いますが、いわゆる「立ちくらみ」と類似しています。平衡感覚の失調状態をケアしていたならば、未然に防げた事故だと考えられます。

そして、選手がベストを尽くせるコンディショニングに筋以外の、すなわち内臓器官や感覚器などへのアプローチの重要性を示した例と言えます。

コンディショニングに下記の内容を忘れることはできません(鍼灸・反応点治療)。

  • 平衡感覚の手当が無駄な動きを回避する。
  • 適正な運動を誘導する。
  • 心肺機能が、ゴール前の粘りを左右する。
  • 内臓の小さな痛みが、拮抗筋を緊張させて、筋肉のはり感や痛みを生みます。

かわむら鍼灸院     反応点治療研究会

運動のメカニズムから見たコンディション

運動は選手の意思を筋肉に伝える錐体路系と適切な運動に調整する錐体外路系の合力でなされます。調整系とは、平衡感覚・視覚やなどからの反射(錐体外路系)と深部感覚(脊髄反射)などに区別できます。

プロの選手がスランプに陥ったり、またフォームを確認しますが、その妥当性は不明です。平衡感覚は運動を調整しますが、選手の意思に関わりませんから、適切に調整されているか否かは選手自身が理解できません。それ故に、錐体外路系に関わる感覚器の障害を管理することがコンディショニングに求められます。

反応点の鍼灸施術では、平衡感覚や痛み・自覚できない深部痛覚などにも着目して、選手のコンディションを整えます。

著書

平衡感覚を指標にしたスポーツ選手のコンディショニング、コーチングクリニック2;76-78.2002.

内臓機関の経穴反応に鍼灸を用いたスポーツ選手のケア、医道の日本誌、709;55-60.2005.

PAGETOP