鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害

ギックリ腰・脊柱管狭窄症 [ 西宮市 ]

  • HOME »
  • ギックリ腰・脊柱管狭窄症 [ 西宮市 ]

ギックリ腰・脊柱管狭窄症

ギックリ腰・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症のお苦しみは、痛みです。
いわゆる神経の障害ではありません。その理由は
神経はヘルニアや狭窄などに反応しません。

感覚神経は電気信号で情報を脳へ運びますが、その情報は先端に備わる感覚器から収集します。だから、痛みの場所を区別できます。反対に、情報を伝える途中からは電気刺激以外に反応しません。痛みを感じるところに障害が生じていることを意味します。途中から影響を受けないようにすることは、情報の混乱を防ぐためです。

反応点治療では、どんな治療をするの・・?

お腹が痛いと腹筋が硬くなるように、お腹の中の障害は脊髄を介して一部の筋肉に緊張を促します。徐々に緊張度が高くなっていることを知らないまま行動をすると、

1. 急に足腰に痛みを覚えます。反射性の緊張と行動による緊張が重なるから。また、筋肉の痛みが別の筋肉の痛みを誘発 (痛みの悪循環) して、強力な痛みを生じます。

2. 行動は緊張とする筋肉と、その裏側で弛緩する筋肉とで成り立ちます。弛緩すべきタイミングの筋肉に、反射性の緊張があると一つの筋肉内に緊張と弛緩が共存します。緊張している筋肉が引っ張られることで痛みを覚えます。

3. 本当の原因は脊髄反射によって筋緊張を促したことです。内臓などの慢性炎症などからの痛み信号が脊髄に届けられることで生じます。ただ内臓の痛み感覚は鈍感ですから気付きにくいのです。

4. 反応点に鍼灸刺激を加える反応点治療では、内臓などの修復を促す目的で腹部などに、次に緊張している筋肉を弛緩させて目的で反応点を刺激します。すなわち、痛みを発症させた真の原因と、痛みを感じさせた筋肉の問題点を解消しようと考えています。

かわむら鍼灸院    反応点治療研究会

 

どうしてヘルニアや脊柱管狭窄症による痛みが無くなるの・・・?

1. 痛みは神経が痛みを脳に伝えていますから、痛みの神経の障害とは言えません。

2. 腰痛でも申しましたが、神経の圧迫が痛みになる理由はありません。神経は先端にセンサーを持っています。それは受容体と呼ばれる専門の情報収集装置です。それに対して、脊髄までの伝導路 (神経繊維) はNaチャンネルと言われる伝導装置です。この伝導装置は電気には応答しますが、圧迫などの機械刺激には反応しません。神経の圧迫で痛みを感じることはあり得ないのです(生理学、神経線維より)。

3.反応点を鍼灸刺激する治療によって (3.4 回の鍼灸治療で) 回復する例がほとんどです。痛みの原因は筋肉性の痛みと考えられます。

ヘルニアが発見された。また脊柱管の狭窄で手術を勧められた、と患者さんからお聞きします。でも体にメスを入れたく無いからと言われる方が多いように思われます。一方で、手術で痛みが解消された方もたくさんおられます。一体どうして・・・ ?  どちらが本当・・?

手術時の麻酔、その後の安静や抗生物質などが、痛みの悪循環や痛みの原因疾患に作用するからと考えられます。反応点の 鍼灸施術による、筋肉の弛緩が筋肉性の痛みの解消に、お役に立てると考えられます。

痛みを伝える神経についてまとめておきます。

1. 神経の先端にある受容体 (センサー) によって受け止められます。

2. 神経の軸索 (伝導路) には受容体がありません。

3. 神経の先端の受容体は、それぞれが受け止める情報 (痛み・圧覚・触覚‥) が決まっています。

4 軸索は圧迫などに反応しません。

5. 痛みの原因は痛みを覚える周辺の筋肉なのです。

痛みに対して反応点の 鍼灸施術を加えることで、自源抑制 (脊髄反射) による筋肉の弛緩、筋膜の歪みの解消が痛みの発症を解消します。

自源抑制とは

代表的な筋肉の弛緩メカニズムの一つです。

通常、肩こりや腰痛などにおいて、発痛部に触れますと筋状に硬い筋繊維群が見つかります。周辺の筋繊維がリラックスした状態であっても、その一群は緊張しているのことが分かります=反射性の筋緊張と言いますが、内臓など深部の痛み情報によって、筋肉の緊張が促された部位です。

この筋束などを鍼灸刺激すると、腱紡錘が興奮(腱や筋の損傷を防ぐ・適正な運動へ誘導するなどの役割があります)して、脊髄に連絡します。その信号は脊髄の運動神経を抑制して筋緊張を解放します。

この影響は以外と広範囲に (足に鍼灸施術を加えると背部の筋肉まで影響されます) およびますから、沢山の鍼などを要しません。

反射による作用ですから、瞬間的に影響します。

反応点を鍼灸刺激する場合は、一瞬だけ作用する自源抑制を継続的に発現させて完全に筋肉の弛緩が得られるようにします。強い痛みは、意外と簡単に解消されることが分かります。

ある患者さは、ヘルニアが発見されて入院しましたが、手術は嫌だとう伝え続けながら3ヶ月も入院していました。ところが、現在は元気にしています。無論ヘルニアは残っています。

別の患者さんは、日赤・大学・市立病院の3ヶ所で診察を受けました。そこでは同じ説明を受け、手術を勧められました。しかし手術が嫌で当院を訪ねてきました。上記のような痛みの説明をしてベッドへ誘導しようとすると、「3大病院が同じことを言うのに、どうして治るのだ」となかなか納得しませんでした。時間も経過していたので、お断りしようかと考え、「じゃあ5回ほど施術を受けて、もう一度考えたらどうですか」と言っ他のです。3回目には、痛みが楽になってきたと喜び、5回の治療で終わろうとしました。結果的に、完全に治したいと言って10回ほど治療しました。今は元気に散歩をされています。

若い頃、神経を研究して博士号を取得しましたが、痛みは神経学に準じて治療することが大切です。

 

 

PAGETOP