鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害

頭痛・ズキンズキン・偏頭痛

頭痛・頭が割れそう・・?

激しい頭痛で脳の血管障害を心配する患者さんは少なくありません。そして、鎮痛剤を服用しても治らないと悩みます。また、頭痛以外に肩こりや首の痛みなどを伴う例も多いのです。大切なことは、その頭痛がどこに生じたかによって原因疾患は異なります。

歯が原因する頭痛は片頭痛になりやすい

口腔内の痛み信号などが「こめかみ」周辺の筋肉を緊張させて偏頭痛になります。噛み合わせが悪い・虫歯・歯周病・口内炎などが原因の一つです。

口腔内の疾病がまた下額の痛みが顎関節症に発展した例も見られます。

ズキンズキンと拍動性の頭痛

偏頭痛を我慢しているとズキンズキンと強い痛みに襲われることがあります。

筋周辺の血管は、直接筋肉に触れないように配置されています。ところが筋肉の緊張によって動脈を圧迫すると、血管の拍動が筋肉に伝わり、ズキンズキンと痛みを感じます。

その痛みは血管の病気ではありません。組織の緊張が関わる痛み(=機械刺激受容体の興奮)ですから、鍼灸治療など物理的治療が効果的です。反面、消炎鎮痛剤など薬物の効果は限定的です。

肩が凝って頭痛がすると言う方がいます

頭痛の原因は”肩こり”ではありません。咽の炎症が反射性に肩の筋肉を緊張させて”肩こり”を誘発しています。同時に頚部や後頭部の筋肉も緊張させて頭痛を誘発させます。

風邪の引き始めや咽の炎症時に、肩こりと頭痛の両者を覚えることが多いのはそのためです。

頭の芯が痛い訴える方がいます

痛みを我慢していると、痛みが移動する、また広がることを体験します。やがて脳はその一つ一つの痛みを正確に把握できなくなるようです。そして、いくつかの痛みの中点(芯)が痛いように錯覚します。脳内には痛みを受け止めるセンサーは無いと言われていますから、頭の芯が痛く感じたとしても、脳の病気を想像する必要もありません。

脳の芯に痛みを受け止める神経の受容体(装置)はありません。前頭部・後頭部・側頭部などあちこちで同時に頭痛が発症すると、人の脳は一つ一つの頭痛を整理できないようです。そんな時にそれらの中心になる頭の芯が痛いように感じとしまいます。一種の錯覚と言えましょう。芯が痛くても心配ありませんよ。一つ一つの原因を治療すると頭痛は治ります。

強い痛みで嘔吐します

あちこちの痛みが脳に伝えられると、脳は情報の整理ができなくなって混乱します。やがて自律神経機能に影響して、吐き気を招くのでしょう。そんな時、不安感を覚えるものですが、いわゆる麻痺や意識障害などが見られない限り危険性は限られます。

クモ膜下の血管障害では「未経験の痛みでした、特殊な痛みだった」と訴える人が居ます。通常、脳の血管障害では、しゃべりにくい・四肢の動きが悪いなど頭痛とは別の症状を呈します。単に頭痛のみを生じる時の危険性はさほど高くないと考えられます。

頭痛はツキツキと軽く痛みを感じた時が、治療のチャンスです。我慢していると強い頭痛に見舞われます。多くは鼻・咽・口腔などの慢性炎症が顔の筋肉を緊張させて生じます。

かわむら鍼灸院に聞いてみよう

 

偏頭痛の主要な原因は、口腔内にあります

歯周病・咬合・虫歯など口腔内の障害は、三叉神経を介して咬筋や側頭筋に緊張を促します。

一般的に患者さんは口腔内の障害を自覚していないことが多いのですが、「言われてみれば確かに障害があります」と答えになります。歯の周りの障害を無視できません。

口腔内の循環などをテーマに鍼灸施術を加え、次に側頭筋などの緊張を緩めます。

 

前頭部の頭痛は鼻炎が関われます。

頭痛患者さんでは意外と多くの方がこのタイプです。額の前頭筋は鼻炎の反射で緊張します。すると前頭部の帽状腱膜が頭を押さえつけるようになります。前頭部や額に圧迫感や痛みを覚えます。

鼻水がなくても、鼻閉がなくても鼻炎はあります。服鼻腔や鼻の奥の炎症はほぼ無症状ですが、なんか熱ぽいと、額に熱感をもたらします。気付きにくい頭痛の原因の一つです。

 

後頭部の頭痛は喉を疑え

喉の炎症は延髄の擬核を経て反射性に頚部や肩の筋肉に緊張を促します。すなわち、肩こりの根底に喉の炎症があると考えられます。ストレスやP C で疲れて肩こりになったとおっしゃる方も少なくありませんが、隠れた所に真の原因があるものです。

「喉元過ぎれは暑さ忘れる」と申しますが、喉の粘膜は感覚的には鈍感な部位です。少々悪くても気づかないことが多いのです。反対に喉が痛いと言う時は、喉ではなく口蓋の痛みなのです。

慢性の扁桃炎などをお持ちの方の肩は、いつもパンパンに腫れているものです。

頭痛は 3 つの主要な原因によってもたらされます。そのほとんどは筋肉の緊張によって生じますが、慢性炎症などは24 時間、筋の緊張を促しますから、いわゆる肩こり症の方をつくってしまうのです。

反応点治療研究会は、神戸・岐阜・東京で講習会を開催しています。

PAGETOP