鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害・不整脈・動悸

更年期障害・ほてり・不眠・冷え・鍼灸(西宮)での対応は・・

  • HOME »
  • 更年期障害・ほてり・不眠・冷え・鍼灸(西宮)での対応は・・

更年期障害・鍼灸での対応は・・・

自律神経と更年期障害の関わり

更年期障害に対する鍼灸セ術など

のぼせ・冷え・動悸などについてご案内します。

更年期障害って・・何ぁに?

患者さんは、「私、更年期かしら、ほてりがあって、動悸がするの・・・」と、自律神経症状を訴えます。確かに更年期を迎える年代ですが、「生理は普通にある」と言います。更年期障害を性ホルモンが原因と考えることは不適切なのかも知れません。

それはホルモン剤を投与して改善した方の割合が、あまりにも少ないからです。複雑な要因がありそうですね。

 

 

更年期障害に効果的な治療法とは・・・。

反応点の鍼灸施術では、部分的に生じる交感神経の興奮に着目しています。脊髄分節性に生じる(一人の体に別々の症状が出る)自律神経障害は、それらに別々の原因があります。個々の症状が、どのようにして生じたかを検討して治療します。

年齢が起因して自律神経の興奮を招くことはありません。自律神経は生命維持機能そのものですから、年齢、性別に関わらず正常に働いています。その症状は炎症や痛みなどに起因する感覚情報に自律神経(交感神経)が反応して興奮したのです。

更年期障害にはホルモン剤が投与されますが、近年は長期にわたるホルモン療法で癌や動脈硬化・痴呆リスクが高まるとも言われています。治療には感覚器の障害が存在するか否かを調べることが重要です。自覚していない慢性炎症などが更年期障害のキッカケに成る例が多いのです。

 

更年期障害と自律神経失調

更年期障害と自律神経失調症は、症状が良く似ていることに注目しましょう。自覚しにくい痛み(鈍感だと言われている深部痛覚・粘膜などの慢性炎症など)、が交感神経を興奮させると、イライラ・発汗など自律神経症状を招きます。

イライラ・発汗・動機・むくみ・のぼせ etc…は交感神経が関わります。その神経を興奮させる原因は複雑です。意識に上らない痛み信号が自律神経を動かす。

反応点の鍼灸刺激では、次のポイントを重要視します。

  • ふらつき・車酔いなどを伴う時は・・内耳(平衡失調)
  • 主にのぼせだけの時は・・・・・・・鼻炎(鼻の奥)
  • 動機・発汗だけの時は・・・・・・動脈硬化

車酔いは、気分が悪く、くらくらする、冷や汗が出る、顔がのぼせるなど自律神経症状や更年期症状を経験します。視覚は瞬間的に変化しませんが、車の揺れや方向の変化に平衡感覚が過敏に働くと、平衡情報と視覚情報の不一致から、中脳や延髄に混乱を生じるからと考えられます。その混乱は自律神経の中枢に影響しますから、自律神経の症状が発症します。内耳(前庭) の小さな障害が根本の原因に関わることが分かります。車酔いの経験が沢山ある方に多いようです。

また、これらの症状が繰り返されることで、「私、更年期障害かしら」と考えてしまうのでしょう。そして、不安や恐怖を感じてしまいます。

かほむら鍼灸院(西宮)   又は 反応点治療研究会
  へお問い合わせください

 

のぼせ・ほてり・ホットフラッシュ

のぼせだけの場合は簡明です。鼻炎で生じる熱はどこかから放熱しなければなりません。それをコントロールして37度の体温を保つのが自律神経の役割です。その放熱部は放熱量の過不足にならないなように、皮膚の一部から放熱します。鼻に近い部位から、すなわち、頬やおでこの皮膚から放熱しますが、頬や額が熱くなります。そこに精神的緊張などによって血管拡張が加わると、真っ赤な顔になり、恥ずかしさを感じてしまいます。

どうき・発汗

心臓の動脈硬化はどなたにも存在します。その程度が重症な場合(血管の内腔が極端に狭くなる) は心臓病です。徐々に年月を経て進行しますから、いわゆる動脈硬化予備群的な方はたくさんおられます。10分に血液が供給できないと交感神経からの指令は更に強くなり、動悸を招きます。発汗も交感神経支配ですから、両者が同期することが多く、同期と発汗は同時に発症することが多いのです。

上記のように考えてみては如何でしょう。反応点治療では一つ一つの症状と原因との関連を明確にして対応します。個々の原因に対処して健康づくりをします。

昨今は男の更年期障害も着目されています。

更年期に男女の違いはありません、またその症状に男女差もありません。それらの多くは、交感神経の部分的な興奮です。火照りは鼻など・冷えは泌尿器、生殖器が関わります。動悸、むかつきなどは平衡感覚や動脈硬化などが原因します。

難しいのは冷えです。

皮膚の血管は、交感神経がコントロールしていますが、足の第1指、第2指では別々の神経が管理しています。部分部分で作用する神経線維が異なります。また副交感神経は全く関わりません。

1.ほてりや冷えに関わる血管は代謝をしない血管 (動静脈吻合) で、体内を37度に保つことを目的にしています。

2.代謝に関わる血管は毛細血管で、栄養や酸素を供給します。

皮膚は筋肉などと異なりエネルギーを消費量が少ないことから、交感神経の主たる働きは動静脈吻合の管理なのです。

3.深部の太い血管は末梢の細い血管に比べて、交感神経の影響力は少ないと言われています。

冷えを訴える患者さんは「足の芯から冷える」などと言われますが、足の芯が冷えることは特殊な場合に限られます。通常は広い範囲 (足の底部も甲部の両者が冷えるなど) におよぶと、足全体が冷えているように感じます。

どこかに熱がある

瞬間瞬間の血液量は一定ですから、体のどこかで放熱すると、必然的に別のところの血管に供給する血液量は減少します。冷えの手当てでは、慢性炎症など、放熱する熱源 を手当てすることが冷えの解消に役立ちます。通常は皮膚に感じる冷えと近隣の脊髄レベルに原因があります。

反応点を観察すると隠れた原因が分かる

のぼせ・ほてり・冷え・発汗などは更年期特有の症状ではありません。子供・大人を問わずどなたでも発症します。たまたま、更年期を迎えた方が訴えた場合に「更年期障害かも知れません」と医師から伝えられます。

これら一つ一つに別々の原因が隠されていることか多いのです。反応点を観察していると年齢・性別に関わらず、原因疾患が見つかります。その反応点を治療していると症状が改善しますから、年齢やホルモンが原因と考えるべきではありません。

反応点治療研究会では、東京・岐阜・神戸で講習会を開催しています。

 

PAGETOP