鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害

難聴・耳鳴の反応点(鍼灸)治療を

  • HOME »
  • 難聴・耳鳴の反応点(鍼灸)治療を

難聴・耳鳴り

継続的に続く耳鳴りや難聴は精神的にも大変つらく、言葉に言い表せない苦悩が推察されます。
耳鳴りや難聴の原因は理解されていませんが、聞き難いとしても、聞こえている限り聴覚神経の障害とは言えません。多くは音を内耳に伝える装置(鼓膜・耳管や中耳)の機能障害や内耳のリンパ管障害、耳の周囲の小さな筋肉の痙攣、あるいは脳の機能障害と考えられます。
反応点治療では耳鼻咽喉科・口腔の粘膜に着目し、反射性の筋緊張を招く根源や体液の還流を促す目的で治療します。慢性疾患を複数持っている方では、個々の起因疾患から治療します。」神戸・西宮・岐阜の反応点治療研究会のメンパーまで

難聴・耳鳴りの原因

音は鼓膜を振動させます。その振動は耳小骨、蝸牛管のリンパ液を振動させ、聴覚神経に伝えられます。その中で中耳は耳管を介して空気が還流しますから、中耳(鼓膜や耳小骨)は障害されやすい部位と言えます。

その障害は、

1)鼓膜張筋は聞きやすい音域を確保するために鼓膜の緊張度を調整します。また顔面神経が支配するアブミ骨筋が音の大きさ(骨の振動)を管理しています。音の質量に関わるだけに、中耳は難聴や耳鳴りに関わると考えられます。

鼓膜はスピーカーと反対に、音を振動に変える装置です。その緊張度の違いによって振動しやすい音域が存在します。

アブミ骨筋は、耳小骨間の距離を保って振動の大きさや強さを調整します。

ところが、口腔・鼻腔などの粘膜に慢性炎症が起こると、その小さな痛み信号が鼓膜張筋やアブミ骨筋の緊張が異常になって音感に影響します。

さほど苦痛に感じない、また誰にも見られる小さな障害だけに見逃されやすいのです。

粘膜 — 三叉神経感覚核 –- 同運動核 — 鼓膜張筋– 顔面神経 — アブミ骨筋
と伝わり、耳鳴りや難聴を招くと推察しています。

2)その他にも原因が考えられます。
トンネル内では、耳鳴りや圧迫感などを覚えますが、中耳内の空気圧と外耳の空気圧の違いが鼓膜を一方へ引っ張られますから、耳鳴りなどを生じます。

中耳の炎症が耳管を閉塞させると、耳管の閉塞と似たような現象を生じると考えられます。そして耳管解放症は、その反対のパターンで呼吸や発声の度に鼓膜の緊張度が変化します。耳管が原因する耳鳴りや難聴が推察されます。

3)そして蝸牛管内のリンパ液にも関わります。そこは静かな湖面のように静粛さを保っていると考えられます。聴覚神経が振動を正確にキャッチするためには必要な条件でしょう。そして、そこのリンパ液は代謝されにくい構造をしています。

仮に、炎症などによってリンパ液が混濁すると、簡単にはきれいになりにくいことを示しています。また比重や浮遊物などが聴覚に影響する可能性も推察されます。

 

   かわむら鍼灸院  反応点治療研究会

 

耳鳴りを感じる方は少なくありません。またね子供の頃から感じている方も意外と多いようです。しかし、多くの方は静かによるにきになるが、朝は気にならなかった、と言うように断続性に、また頭にこびりつくような苦しみは感じていません。反対に耳鳴りを主訴とする方は、常に耳鳴りが大きくなって、我慢し難くなる方がおられます。

原因も理由も分からないだけに、耳鼻科でも明快な対応が難しいのでしょうか・・・。「慣れてください」などと言われてしまうようです。

反応点を検索しますと、内耳・中耳・咬筋・鼻などの反応点が顕著な方が多いと感じています。そのような状態は、耳鼻咽喉科領域の慢性炎症が、鼓膜張筋やアブミ骨筋などの痙攣を招いていると推察されます。鼓膜や耳小骨の振動を招き、聞こえていないのに音を発症させているとかんがえることができるでしょう。

慈悲咽喉科領域の慢性炎症にはアレルギーが関わる場合があります。アレルゲンの検査をすることも大切なことかと考えています。

PAGETOP