光感作性のある降圧剤は、皮膚の扁平上皮ガンを増加させる。薬物の副作用を強調しているような内容であった。

光感作用(α2刺激薬、ルーブ系、カリウム保持性などの利尿剤)  とは、直射日光に対する反応性を高いことを意味する。

高齢者では利尿剤を多く用いられるが・・・?

粘膜については調べていないが、同じ扁平上皮がある。

色々と考えさせられる。

今日発売の文春、「安くて効く薬」に9割の人に効くアムロジピン! (ca拮抗剤) があげられている。

薬は難しい!  ・・・

鍼灸では、Ca拮抗剤と似たように血管拡張を生じるが、全身性ではない。全身のツボ (反応点 )を検索して、問題のある部位の血管拡張を起こそうてしている。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_1.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>