昔から目つきが悪いと病気を疑うことがあったらしい。心の窓ともいわれる部分に関係があるのだろうか・・・

今回の報告は、初期のアルツハイマー型認知症高齢者の視線を解析したものだ。やはり特色があるようだ。

初期の認知症ではも短期記憶が難しくなることは知られています。

研究グループは、各18名の高齢の健常者と軽度認知症者で比較した。

2種類の画像(初めて見る顔や家の画像)を覚えようとしているときの視線の動向を記録し、視覚的再認課題を被験者におこなった。

その結果、健常者は顔と家の画像間の記憶成績に差がなかったが、軽度認知症者の記憶成績は顔の画像が家の画像よりも低下していることが判明。また記憶時の視線行動は、健常者に比べて目元への視線の集中が減り、口元への視線が増えるというパターンが確認されたという。

じっと見られないのだろうか、人を判断するとき、目つきは重要な判断材料にも関わらず、どうやら見ていないようだ。

研究者は、

軽度アルツハイマー患者さんは、脳機能の低下によって顔の認知処理過程に異常が生じており、それを補うために分散的な視線布置を行っていると考えられる、と研究グループは述べている。

勉強においても、じっくりと見つめることは多々あるが、しっかり見られないことが脳の活動障害を推測させるのだろうか。

西宮の治療院でも患者さんは「ボケたくないね」とおっしゃる方が少なくない。団塊の世代が認知症世代に突入することを考えると、ガンどころでは無い。認知症対策は待った無しの状況になった。治療法も徐々に開発されているが、なんと言っても、「予防できるものならば予防したい」と考えるのが当然であろう。

そして、介護においても、施設、介護士などの問題点が指摘されている。

この社会問題、日本ばかりでは無いが、大変なテーマにちがいない。国家予算の何パーセントを要するのだろう・・・。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_lightblue_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>