脳の発達というと成長期の発達を思い出す。その昔、頭をよくすると言う触れ込みで、ある食品が宣伝されていたことを思い出す。今回の報告は、中年以上の人の調査である。

MRI で脳の容積を測定、オランダの健康新議会の指標を用いたアンケートによる。

最も健全な食事をしている人と不健全の人の差は2 ml 出会った。なあんだ 2 CCか、と思ってたのでしょうか。

全容積は1年間で3.66ml 小さくなるらしい。2ml は約6ケ月に相当する。計算上は5年で1,5dl か・・・

高齢者の痴呆や能力が低下する問題を考ると、2ml は大きい。

米国のAA(アルツハイマー病協会) は、心臓に良いものを食べれば、脳に十分な血液が循環し、βアミロイドやタウ淡白の除去にも役だつと考えており、食事のあり方に注意を喚起している。

もう一つは、脳を使うと血流が増加する。無論まんべんなく使うことが良い。そして「ウキウキ」するようなことが大切だと思う。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_lightblue_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>