糖尿病の治療薬の開発が開発されようとしている。しかし、今までの薬は糖の吸収を阻害するものでしたが、今度の治療薬はちょっと違うようです。

そもそも食べ過ぎるとインスリンが増加して血糖値を抑える。その時、β細胞の増殖を促がすことを明らかなした。迷走神経の伝達物質が作用した結果です。

人の体には、うまい仕組みが備わっている。

しかし、昨日までは食べ過ぎは糖尿病の原因とされ、食べ過ぎに注意と! とされてきた。こう二つ立場に矛盾がありますね。いったいどう考えたらいいのだろう。

なんの根拠もないが、インスリンが体内で分泌過多となるとどうなる・・・。おそらく、迷走神経の膵臓枝を抑制するだるう。するとβ細胞は増殖しないことになる。

すなわち、運動して糖を消費することがインスリンを消費することにつながり、結果的に次に食べた時にβ細胞を増殖するかもしれない。すなわち、間食をやめて運動をすることが良いリズムを作るのだろう。

自律神経(迷走神経)は感覚器の情報によって働くから、インスリンセンサーがテーマかも知れない。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_lightblue_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>