鍼灸・西宮市・自律神経失調・めまい・糖尿病・緑内障・頭痛・不妊症・アトビー・脊柱管狭窄症・起立整調性障害

糖尿病・合併症 ( 網膜・心臓・腎臓・血管障害 )は鍼灸治療で

  • HOME »
  • 糖尿病・合併症 ( 網膜・心臓・腎臓・血管障害 )は鍼灸治療で

糖尿病と合併症の予防

我国では、いわゆる予備群を含めると900万人とも言われ、罹患者が最も多い病気の一つです。そして、その多くはⅡ型糖尿病と言われ、血糖の管理が最も基本的な態度です。そして一生に亘って血糖の管理に挑まなければなりません。

糖尿病患者さんは血糖値が安定しているから・・・と安心しされている方が多いようです。

<最近の論文から>

Janet L Leasher氏らによる報告がDiabetes Care誌2016年9月号には

網膜症が世界中で急増と掲載されている。

Open Diabetes Research & Care」オンライン版に9月9日掲載には、

HbA1c の観察だけでは不十分かと指摘しています

HealthDay News 2016年10月3日。

また、心臓病リスクにおいても指摘されており、

糖尿病患者さんの合併症が回避できるか否が重要な課題です。

主要な合併症は脳血管障害・冠状動脈障害・糸球体障害・網膜症などです。その多くが重大な疾病ですから、合併症対策を忘れることは出来ません。

患者さんらは、血糖管理に積極的になるようです。そして、合併症を防ごうと頑張ります。見やすくなった、運動ができるようになったなど、合併症対策が進展しています。糖尿病は生涯をかけて管理することが求められますが、合併症対策は糖尿病の方にとって大切な考え方と言えます。

6/14朝日朝日新聞社では、「若者の心停止、遺伝子が関係」と記載され、マラソン大会における心停止の例を紹介している。原因は不整脈からであるが、血管障害という点で糖尿病合併症に通じるところがある。

 

反応点治療研究会では鍼灸治療による血管拡張作用が、合併症の予防や治療に役立つと考えています。

また膵臓反応点と同時に心臓、腎臓、眼球(血管障害を起こしやすい部位)などの反応治療 (鍼灸) します。合併症に至る前段階で食い止めたいと考えています。糖尿病に鍼灸治療・・? とお考えの皆さん、ご一考ください。

かわむら鍼灸院  反応点治療研究会

合併症の主要な部分に動脈硬化が関わる

  • 過去に蓄積されたコレステロールなどが合併症を誘発するのでしょう。
  • 一過性でも血糖値の上昇は動脈硬化の誘因でしょう。
  • 高齢化によって血管壁が脆弱になるのでしょうか。

眼底出血を訴えた患者さんは、大学病院の第3内科に定期的に通院していました。そして、知人が腎症になり透析を始めるようになると「私は大丈夫かしら・・?」と心配していました。

この方の場合は、心臓・眼球・腎臓と脳血管の反応点を来院する度に手当をしました。反応点の回復状態から、特段の心配は差し迫っていないと推察しています。

食事をコントロールすることが大切ですが、かといって食事に注意していても合併症に苦しむ結果を招いた例も多いようです。一時も油断ならないだけに、その苦痛は相当のものと思われます。

いつの日か動脈硬化が血管を閉塞させると重大な危機を招きます。反応点治療 (鍼灸) では、局部の血管拡張を招いて閉塞を防ぐ、少しでも動脈硬化を改善させることに注力しています。

反応点治療研究会では、神戸・岐阜・東京で講習会を開催しています。西宮市で開院しています。

隠れ糖尿病一過性高血糖(スパイク)の危険

食後の一過性高血糖が着目されるようになっている。一過性の高血糖であっても、その瞬間に動脈硬化などが発症することで、心筋梗塞・脳血管障害など生命に関わる重大な疾病に発展するからだ。

一過性高血糖・・・過酸化水素の増加・・・血管内皮細胞の損傷・・・

・・免疫細胞が集まって内皮に凸凹が発生・・血流障害

なんと動脈硬化の一つのきじょが示されています。デンプンの摂取の前に、

野菜・・蛋白の摂取で、デンプンの吸収を遅くするこで、血糖スパイクは防げる可能性があります。  食事の習慣を見直そう。

 

PAGETOP