新年度の授業が始まった。2年生の復習として「痛みどう対応するか」と話した。

重要なのはことは、神経は先端に備わる受容器から情報を収集していることである。

ヘルニア、脊柱管狭窄などによって神経圧迫を生ずると痛みを発症すると考えられているが、怪しい考え方と言うことだ。

1.強い圧迫は麻痺を生ずる可能性があり、末梢神経麻痺にしばしば見られる。

2.痛みを伝える神経の電動装置のNaチヤンネルは電位依存性てあり、機械刺激に影響しない。

3.痛みの情報は脳に届いており、神経は機能している。

そして機械刺激受容器(TRPチャネル)興奮は、ずいぶん辛いものですが、これは関節包や筋膜に付着しています。強い痛みほど、このチャンネルが動いていると思われます。

それに対応するには。鍼灸治療ができしています、自原抑制を誘発して筋肉を緩めるて、筋膜の歪みを取り除くと痛みは治まります。

と言うものでした。

 

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>