手洗いは、医療従事者にとって当たり前、手続きの一つの様に行われている。今回の報告はまだ論文に掲載されたわけではないが、ちょっと気をつけよう・・・

温度の異なる温水で手を洗ったら洗浄力はアップするのだろうか・・・・ということに答えを出した。結論は、温水効果は無いというものでした。

そして洗浄力は、洗剤を用いて10秒以上の流水で洗浄力はアップするというものでした。

えっ、たった10秒・・・?   そんなのものでいいの・・・・?    手術室に入室する前に丁寧に手洗浄するが、手洗いの方法と妥当性は・・・と考えると認識新たにした。

指の間、爪の間、いろいろと言われているが、それは一つの着眼点としては間違い無いだろう。まだ、論文を見なければ詳細は不明であるが、消毒をする限り、それほど気にしなくても良いのかもしれない。

 

外科手術では、手洗いを重要視する。そして感染予防の観点からゴム手袋をして術をする。完全を意識して治療に取り掛かるが、免疫力が低下している状況を推察すると、当然の帝王だろう。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”//health.blogmura.com/img/health80_15_1.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>