心臓病では運動が過激にならないように注意される。言葉ではそうなるのだろうが具体的に支持することは難しい。

Travers 先生(運動生理学)は、糖尿病、心臓病などの慢性疾患の予防には

サイクリング  早歩き  などを週150分間行うことを推奨している。

症状も軽減、薬の減量になる。血圧や中性脂肪の値を下げられ心臓病リスクも管理できるようになると言う。また、運動によって筋力がup すると体が楽に動かせる・・。

まずは 1 走らずに歩く 2 軽い有酸素運動わ選ぶ  3 ゆっくりした速度で始める

4 エクササイズバンドを使うのも良いらしい。

心臓病患者、インターバルトレーニングによって効果が発揮される

腰痛患者、体幹トレーニングによって関節を支える菌の強化が、

糖尿病では、インスリンが効率的に使われるようになる

詳細は担当医に相談せよ

 

ざっとこんなものでした。

昨日、知人に「先生、随分痩せましたね」と言われてしまいました。

別の人から、歳をとると体が小さくなりますよ・・・と。

筋力の低下とは恐ろしいものだ、ちょっと前までは、気にならないことが億劫になる。

何をしても長続きしないなど・・・。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_1.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>