妊娠中絶は、宗教によっては禁じラリており、アメリカにおいても政治家が選挙演説りテーマの一つとして用いている。公的医療制度での中絶が難しいとされているアイルランドで1000例を集団ペースの研究で評価が示された。94.7 % の成功が見られた。わずかに、輸血や抗菌剤を用いた例もあった。

自然流産も含まれているだろうから 97 % をそのまま受け止めねことはできないが、薬物の効果は明確といえよう。

日本では、中絶は医師のみが行うことができ、個人の判断では中絶をすることはできない。また、この薬物は未承認薬であり、厚労省の許可なしに用いることは難しい。場合によっては堕胎罪に該当するとか。

この薬物、プロゲストロンの作用を阻害するもので、子宮粘膜の育成を抑制する。

ピルが着床や排卵を抑制するのに対して、ミフェプリトンは妊娠の継続を促すホルモンを抑制する。

両者は妊娠を抑制するか、妊娠を中絶するかであり、倫理的には異なるが目的は似ている。

ただ、承認薬か、無承認薬かで異なる。

少子化の問題はあるが、教育費に多大なお金を考えると、親の人生を思うと必要な薬物なのかもしれない。

鍼灸では、妊娠初期に合谷に鍼をすると流産するとも言われている。根拠はない。また、実績もないだろう・・昔からの言い伝えがどこまで信用できるのか・・・?

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”//health.blogmura.com/img/health80_15_lightblue_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>