生じるカフェインといえば、コーヒー・風邪薬などに含まれている。

一種の興奮作用があり、

1.眠気の予防に用いられる(アドレナリン受容体刺激)。

2.筋肉の興奮を促す(アデノシン受容体の閾値を下げる)。

3.呼吸促進(呼吸中枢に作用して頻呼吸や大呼吸を誘導)

4.細胞内に取り込まれてアデノシンーリン酸の増加

心不全に用いられるⅢ阻害剤と同様の作用か゛知られている。

簡単に言うならば、抹消血管(筋肉の栄養血管)・心筋の強収縮、中枢神経に関与する。

 

コヒーならば、30杯/日も飲まなければ問題は無いようだが、50杯以上では中毒になる可能性が高まる。

なんだ、コーヒーならば30杯も飲む人いるのかな・・・。

食品として摂取する量では大したもの大にならない。 コーヒー党も一安心。

 

時々使用する風邪薬を守ると、25mgと書いてある、なあんだ心配いらないね。

いわゆるカフェイン製剤はどうだろう。100mgの錠剤を10〜30 で中毒に、50〜500錠で致死量に達するらしい。

まあ、中毒にならない限り心配はなさそうだ。

 

世間では、薬物中毒が起因する事件が少なくない。一時の興奮が体が楽になった気分にしてくれるのだろう。スッキリするのかな。そんな気分の良さを追求していくと、やがて中毒へと誘導されるのだろうか。

鍼灸ならば、スッキリしない原因を探求して根本的な治療をする。なんといっても顔面部には感覚器が集中しているが、そこに生じる小さな疾病に対応すると、気分は良くなるようだ。

<a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”><img src=”https://health.blogmura.com/img/health80_15_lightblue_2.gif” width=”80″ height=”15″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 健康ブログへ” /></a><br /><a href=”//health.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>