高血圧は投薬が一般的である。以前は抗アンギオテンシン系、 Ca 拮抗剤、自律神経遮断材、そして利尿剤と病気が進むに従って処方されている。

4つのカテゴリーに区別されているが、アンギオテンシン系とCa拮抗と言うようにである。これに利尿剤と言うように3製剤の組み合わせを避けるケースが多いらしい。すると二剤以上は飲むのは指示通りにならない場合があるらしい。

お年寄りや認知症の方々ではなおさらである。

指示どおり出ないと危険を伴う場合がある。多剤服用の注意点である。

指示どおり飲んでいるつもりでも、通院日が近づくと残っている薬剤の数か合わない ?

飲み方を間違うと大変、余った時は捨てれば良いが、足らない時には不安になる。もし減らして飲むならば・・・・と感がるだろう。   捨てることをお勧めする。

結構残っているのですよね、半端の薬をとっておくと劣化して効かない場合もある・・・

朝晩に分けてるむのも大変、通常、安全係数をがかかっているから・・大変な事態になりにくいが、薬物の血中濃度を一定に保つことを基本としょう。